2019年5月19日 (日)

満開の菜の花

Kimg0031

 上の写真は5/18日の農場風景です。ブンブントいうミツバチの羽音と共に、遅い菜の花の満開です。通常ナノハナはサクラの開花とともに満開になり春のお花見の最強タックというイメージがありますが、ここ蔵王の七日原では、五月の今の時期が満開となります。

 河川敷や川の土手などを黄色に染め、童謡にも歌われる菜の花(ナノハナ)でが、植物学的にはナノハナという植物はなく、4枚の花弁が十字形に配列した黄色い花をつけるアブラナ科アブラナ属のアブラナや西洋アブラナの花の俗称です。もともと、菜類(アブラナ)の花という意味であり、ナタネ(アブラナ)の花を指すことが一般的でした。しかし、アブラナ科の植物は交雑しやすいため、最近では新たに帰化したものや、畑で栽培されているアブラナ科の野菜などと複雑に交雑して、様々な集団があり、ちょっと手に負えない状態となっているようで、すべての交雑種も含めて、黄色い花が咲くアブラナ科の植物をナノハナと呼んでいるようです。

 河川敷などで見られるナノハナの系統は、大きくセイヨウアブラナ系とセイヨウカラシナ系に分けられるようですが、花のつき方や葉のつき方で大まかに見分けられるようで、写真のナノハナはセイヨウアブラナ系統のようです。

 

2019年5月 6日 (月)

ヒメリンゴの花

P5062018

 上の写真は5/6日に撮影したヒメリンゴの花です。2016年秋に植付けて今年やっと開花しました。メリンゴ(姫林檎) は、春に白い花を咲かせ、秋に果実をつけるバラ目バラ科リンゴ属の耐寒性落葉低木です。 リンゴ(林檎) を小さくしたような果実は、赤や黄色をしており、味は酸味が勝り、 食用としては劣りますので、主に観賞用樹木や盆栽として植えられています。別名イヌリンゴとも呼ばれています。

 当農場では、リンゴ属の品種を3本植えています。ヒメリンゴとアルプス乙女(フジとヒメリンゴの交配種と言われています)、それと津軽です。3本とも2016年秋に植付けましたが、今年やっと、ヒメリンゴとアルプス乙女が開花してくれました。ヒメリンゴは食用には向かないとのことですが秋が楽しみです。

2019年5月 1日 (水)

スモモとスイートアーモンドの花

 蔵王の遅い春もやっと盛りを迎え、農場でもアンズに続いて、スモモとスイートアーモンドの花が満開です。

P4282013

 スモモ(李、酢桃、学名:Prunus salicina)はアンズと同じく、バラ科サクラ属の落葉小高木でしす。スモモの果実はモモに比べて酸味が強いことからその名があります。原産地は中国、ヨーロッパ東南部、北アメリカで、日本には中国から渡来して古くから栽培されています。

 スモモの品種は、大きく日本スモモ(プラム)と欧州系(プルーン)とに分けられます。現在日本で栽培されている日本スモモは、19世紀に中国や日本からアメリカに渡って品種改良されプラムとして逆輸入されたものや、さらに日本で改良されたものです。前者には「ソルダム」「サンタローザ」「ビューティー」などがあり、後者には「大石早生」などがあります。当農場では「ソルダム」と「サンタローザ」を1本づつ植えています。どちらも強健で育てやすい品種です。今年は栽培して4年目で、どちらも初めて白い花をたくさんつけてくれました。

 果物ナビによれば、2017のデータでは、最も収穫量が多いのは山梨県で、2位が長野県、そして和歌山県、山形県、長野県が続きます。日本のスモモは海外にも輸出されており(香港やマレーシア)、近年増加しています。

P4282012

 上の写真は、スイートアーモンドの花です。スモモと同様に今が満開です。アーモンドの木は、スモモと同様にバラ科サクラ属の落葉小高木で、西アジアが原産です。

 アーモンドは、主にビターアーモン とスイートアーモンドの2種類に分類されます。 スイートアーモンドは、甘い芳香姓を持ち、ピンク色の花を咲かせます。ビターアーモンは、味が苦く、 強い芳香性を持ち、薄いピンク色の花を咲かせます。みなさんよくご存知のナッツ類のアーモンドは、このスイートアーモンドの実の中の種の部分です。マッサージなどで使用するスイートアーモンド油はこの種から絞られます。スイートアーモンドの大産地としてはカリフォルニアが有名です。

 アーモンドの和名 は扁桃 (へんとう)です。喉の奥の扁桃腺はこの形に似ていることよりつけられたそうです。

2019年4月22日 (月)

アンズの花

P1011981_2

 2016年春に植えたアンズの花です。2本植えたのですが1本は枯れてしまって、残りの1本が4年目でやっと開花しました。

 アンズ(学名 Prunus armeniaca)は、バラ科サクラ属の落葉小高木です。アプリコットと英名で呼ばれることもあります。原産地は諸説あるものの、中国の山東省、河北省の山岳地帯から中国東北地方の南部とする説が有力とされています。日本では平安時代の文献にのっているほど古くから栽培されています。

 アンズは自家結実性が低いのですが、モモやスモモなどサクラ属の近縁種と容易に交雑すると文献には記載されています。アンズの隣に2本ほどスモモを植えているので結実するかどうか楽しみです。

 アンズは一般的には、サクラより1週間ほど先に咲くと言われていますが、農場の隣のチーズ工場のサクラも今が満開です。(下記写真)

P1012001

 仙台市など平野部のサクラはすでにもう散ってしまっていますが、ここ蔵王の七日原は約1週間〜十日ほど遅いのでいまが見頃です。

2019年4月15日 (月)

原種チューリップの花

P1011949 

上は4/14日の農場の写真です。今年は暖冬で3月中には暖かい日が続いたのですが、4月になって寒さが戻ってきて2回も雪が降り 、日陰にはまだ残雪が残っています。

 しかし、あちこちで本格的な春を告げる花々が咲き始めています。下の写真は、原種チューリップの写真です。4月の花壇の花の代表といえばチューリップかもしれません。チューリップは秋植えの球根植物で、多種多様の品種があります。その数は5000種を超えるとも言われています。花色や花姿が豊富で、早春から春の花壇の彩りとして、欠かせない植物です。

P1011944

 ゴージャスな鑑賞用に品種改良されたチューリップと違って、原種チューリップは水仙のような清楚な花です。チューリップはユリ科チューリップ属の植物です。和名は鬱金香(うこんこう、うっこんこう)です。アナトリア(トルコ)、イランからパミール高原、ヒンドゥークシュ山脈、カザフスタンのステップ地帯が原産です。もともとは冷涼で雨の少ない植物にとって厳しい環境で生育していた植物です。生産地ではオランダが非常に有名で、各国へ輸出されています。トルコからオランダにチューリップが伝わったのは16世紀頃とされています。日本には、最初江戸時代後期に伝来しましたが、一般的に普及したのは大正時代に入ってからのようです。富山、新潟両県が日本でのチューリップの大規模な栽培拠点です。富山県にはチューリップの名を冠した民放テレビ局も存在しています。

 チューリップは、毎年花が咲き終われば掘り上げて保存し、秋に植付けるのが普通ですが、原種チューリップは、2〜3年位植えっぱなしでも大丈夫なようです。肥料もほとんどいらないので手のかからない植物です。日本では原種と言われるものは約20種ほど販売されてるそうなので、今年の秋にはもう少し増やしてみようと思っています。

2019年4月 7日 (日)

4月の野の花ハーブファーム

Kimg0013

Kimg0008

 上の写真は4月7日の農場の写真です。下は1週間前の写真です。今年は暖冬で雪も少なかったのですが、3月末になって寒い日が続き雪も降ったりしたのですが、やっと暖かくなってきました。農場の周りの陽だまりではオオイヌノフグリの青い可憐な花が盛りです。

Kimg0015

 農場では2016年に植えたウメの花が咲き始めました。白加賀という品種です。昨年は1輪しか咲かなかったので、今年は実がなるかどうか楽しみです。

Kimg0022

2019年1月13日 (日)

ブログ再開しました。

 

Img_5707_3

新年おめでとうございます。上の写真は1月1日の農場です。今年は2021年7月のブルーベリー摘取り園の開園に向けての農場のいろいろな取り組みを紹介していければと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

2015年7月13日 (月)

2015年のサトイモ

 今年は雨が少なく成長が遅かったサトイモがこのところやっと成長を始めました。

P1011623

P1011625

1.サトイモ栽培の歴史

 サトイモ(里芋、学名:Colocasia esculenta )は、東南アジアが原産のサトイモ科サトイモ属の植物です。サトイモ属は東南アジアおよび インド亜大陸で約10種が知られています。日本で栽培されているサトイモは、芋を食用とする(Colocasia esculenta)と、芋ができずに芋茎だけを食べる(Colocasia giganta)の2種がありますが、一般的にサトイモといえば(Colocasia esculenta)のことを指します。

 サトイモ(Colocasia esculenta)の原産地は熱帯のインドからマレー半島の大河川流域で、紀元前2000年頃までには栽培化されていたと考えられています。その後に起きた民族の大移動とともに世界各地に広がり、稲作に先立って縄文時代に日本にも渡ってきたと考えられています。世界各地に広がったサトイモ(Colocasia esculenta)には、大きく中国を経て日本にまで広がった温帯性品種群(サトイモ:一年草、主に3倍体品種群)と、オセアニア一帯からマダガスカルまで伝播した熱帯性品種群(タロイモ:多年草、主に2 倍体品種群)があります。サトイモとタロイモでは形状、特性などが若干異なります。

 ほとんどのサトイモは、種子で増えるのではなく、親の体の一部を種芋として再生産に利用しています(栄養繁殖性作物)。このため二千〜三千年にわたって同じ環境で栽培されてきたサトイモは、より環境に適した系統(変異系統)が残り、数々の在来品種になったと考えられています。

2.サトイモと餅無し正月

 正月は、あらゆるものの生命を更新してくれる年神さまを迎える、一年で最大の行事です。日本全国ほとんどの地域で正月は、重要な作物であるイネから作る餅を食べるのが一般的ですが、モチを食べずにイモ類や豆類などで祝う『餅なし正月』のところもあります。それは、「正月を起点としたある期間に餅をつかず、食べず、供えずという禁忌を伝承している家、一族、地域のあるころ」と定義されています。

 モチに代わって用いられる儀礼食用作物としては、東日本では山芋が、西日本ではサトイモやアワ、タロイモなどが用いられています。儀礼作物としてのヤマイモとサトイモの分布境界は、中部地方から関東地方です。近年の民族学的な研究によれば、このことは日本の歴史において稲作文化の伝播に先立って、イモなどの畑作文化が伝播し存在していたことが示逡されています。サトイモは古来より重要な作物だったことがうかがえます。

 余談ですが、東北地方はこの区分けによれば“山芋地域”になります。筆者の実家では、近所では通常正月は3日間餅を食べるのが一般的であるのに対して、餅は元旦の朝1日だけで後は山芋を食べるきまりとなっていましたが、今考えるとこれは“餅無し正月”が変形したものかもしれません。

*参考資料

*新特産シリーズ サトイモ:松本美枝子 著

*海を渡ったタロイモ:橋下征治 著

*イモと日本人:坪井洋文著

2015年7月 3日 (金)

マルベリーの収穫

 昨年植えたマルベリの実を収穫しました。先日新芽が出てきたが今年は収穫は無理だろうと記事にしましたが、少しですが立派な実が収穫できました。自生しているヤマグワの実の3倍くらいはあろうかという大きなみです。食べてみましたが、今年の実はヤマグワより甘味が少なくあまり美味しくありませんでした。

P1011596_3

P1011617

P1011621

 マルベリー(クワ)には、いろいろな種類や栽培品種があります。日本に自生しているのはヤマグワ(Morus bombycis Koidz:japanese mulberry)で、蚕を育てるために古くから利用されてきました。農場に自生しているクワはこの種と思われます。漢方で使用する桑はマグワ(Morus alba)です。11世紀ごろにヨーロッパに伝わり広く栽培され、今では野生化しています。このほか中央アジアにはクロミグワ(Maros nigra:black mulberry)があり、桑の実専用です。生で食べるほか、乾果として冬の常食にされるそうです。日本で、果樹苗として一般に手に入る品種は、ララベリーやポップベリーなどです。昨年購入して植栽したマルベリーはこれだと思われます。

 マルベリーは、種類により糖度や食感がかなりちがうようです。先日紹介したヤマグワは非常に甘いのでジャムにしてみることにしました。今回採取したマルベリーは量が少ないのでドライフルーツにしてみようと思います。

参考資料

*マルベリーの恵み:井上重治著

2015年6月21日 (日)

北原尾の開魂、牛魂の碑

 当農場がある蔵王の七日原高原を少し南にくだるとそこは北原尾です。そこは、第二次大戦後パラオなどからの引き揚げ者が入植し、そのため北のパラオ、“北原尾”と命名された所です。http://www.zao-machi.com/34431

 先週の水曜日6月17日に、天皇、皇后両陛下がこの北原尾地区を訪問されました。両陛下は4月に戦後70年の「慰霊の旅」として、太平洋戦争の激戦地であったパラオを訪問されています。今回、パラオを追われ、極寒の原野を血のにじむような思いで開拓した入植者をねぎらいたいと訪問を希望されたとのことです。この日、両陛下は「開魂」と刻まれた開拓記念碑を視察されました。下の写真はその開拓記念碑です。

Img_4336

Img_4338

Img_4339



プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。